1. TOP
  2. シェアリングエコノミーの今後はどうなる?事例やメリットデメリットも紹介!

シェアリングエコノミーの今後はどうなる?事例やメリットデメリットも紹介!

 2021/03/25 ブログ
この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは!

 

人は生活するうえで様々なものを使いますよね。

連絡手段、移動手段、食料、生活雑貨などなど…人としての生活を営む上で物を使わないなんてことはあり得ないですね!!

 

例えば皆さんがこの記事を見るためにはスマホやパソコンを使っているでしょう。その場所は家の中でしょうか?電車でしょうか?それともカフェやショッピングモールの中?座っているのであれば椅子やソファを使っていることでしょう。そして今あなたは服を着ているでしょうか?外に出ているのであれば靴も履いていますね。

 

何をするにも、どこにいるにしても何かを使っているのです。

何も使っていない瞬間なんて人間として生活しているうちはありません。

 

とはいえ、その使用するあらゆる物を所持している必要はないんですよね。

今回はそんな新しい価値観の懸け橋になったものの紹介です!

 

ということで今回の記事は「シェアリングエコノミー」について、事例やメリット・デメリット、そして今後について紹介していきます!

 

 

シェアリングエコノミーとは

世界, 地球, グローブ, 維持, 与える, 取る, パス, ボール, プレゼンテーション, 提供します

まずシェアリングエコノミーが何かですが、物・場所・スキル・サービスなどを多くの人で共有したり交換したりする仕組みです。

 

先ほど「使用するあらゆる物を所持している必要はない」といいましたが、わざわざ買うほど使うわけじゃないけど必要なものって意外とありませんか?

 

買うにしては使わないし維持費が気になるし…でも必ず使う瞬間がある。多いわけではないけれどそれなりに定期的に使う。

購入するほどでもないけど、毎回レンタルするのでは結局買ってしまったほうが楽ではないか、もしレンタルできない時があったりしたら困る…

というもの。

 

例えば車とか、何かのイベントを行うスペースとか。そういった絶妙な需要をうまく取り込んだのがこのシェアリングエコノミーなのです。

 

スマホの普及でネット上でのやり取りが主流になってからは「当たり前」のように存在するサービスになっていきました。

 

 

今後はどう変化していくのか?

女の子, 交差点, 選択, 方法, 方向, 女性, 道路, 人, 白人, 変更, 意思決定, ソリューション

さて、そんな絶妙な需要を勝ち取っているシェアリングエコノミーは今後どのように変化していくのか?気になるところですよね。

 

2020年からのコロナで接触をできる限り減らす社会になっていきました。これは「シェア」という概念すらも奪い取っていくような出来事だったといわれています。

そうすると、誰がどう使ったかもわからない「モノ」のシェアに抵抗を覚える人が多くなっていきました。

 

ですが、必ずしもその価値が奪われたというわけではありませんでした。

ニーズの高まったものもあったのです。それが「サービス」のシェアですね。容易に外に出られなくなったとはいえ、人は生きていくためにものを手にしなければいけません。そんな時に「代わりに必要なことをしてくれる」サービスの需要は高まりました。

サービスのシェアリングエコノミーですね。代行業務を提供するサービスへの需要が非常に高まりました。

 

今後もその需要は絶えることがないでしょう。

また、このコロナ騒動は人々の金銭的余裕を奪っている側面もあるため、ある程度落ち着けば需要が回復する可能性もあるかもしれません。

 

 

シェアリングエコノミーのメリットとデメリット

さてそんなシェアリングエコノミーにもメリットとデメリットがあります。

予想できているところもあるかと思いますが、一緒に見ていきましょう!

 

メリット

まずは使う側として初期費用がいらず、手続きさえすれば好きな時に好きなものが使えるという点ですね。

一番想像しやすいのが車なのですが、購入したり維持をしたりするのに莫大な費用が掛かります…でも運営会社が所有する車をユーザーでシェアするのであれば、その費用は掛からず使用する際にかかる費用だけでいいわけです。

 

シェアするものを提供する側としてみるのであれば遊休資産を有効活用できることがメリットですね。

遊休資産とは使用できる状態であるのに使われなくなってしまったもので、そういった無駄になってしまっているものを有効的に使えるということです。

 

お金や時間の節約、リスクの軽減などができるため利用するメリットは大きいでしょう。

 

デメリット

次にデメリットですが、最もネックとなる部分が信頼関係の部分です。

 

どうしても他人に自分の資産を貸すことになるため、そこでのトラブルがないとは言い切れません。それに対応し対処しなくてはいけないことをネックにとらえている人が多いでしょう。

受け手としても思ったようなサービスが受けられなかったとなれば、今後の使用に抵抗が生まれてしまいます。

 

このデメリットを解消するべく、サービスの情報を詳しく開示することやレビューができる制度を整えておくことが重要です。

 

また、シェアリングエコノミーは法整備が整っていない部分もあるためグレーゾーンへの対処も課題となります。事前に取引する上での決め事などをしっかり考えておく必要がありますね。

 

 

シェアリングエコノミーの事例

man driving a car wearing wrist watch

さて!

ここまでシェアリングエコノミーとはどんなもので今後はどうなっていくか、そしてメリットとデメリットについて紹介していきました!

 

ではここで事例のほうを見ていきましょう!

 

カーシェアリング

まず例でも出しましたカーシェアリングですね。

 

やはり購入、維持にかかる費用が高く、毎日のように乗るのであればいいですが、月に数回程度であればわざわざ買う必要性がありません。

そこで月額料金を払っていれば車を借りられるサービスが普及しました。このサービスは若者の車離れとの相性も良かったのか、どんどん普及していき利用者も年々増えています。

維持費や保険を考えれば格段に安いですしもちろん初期投資もいらないことが魅力。

 

企業が所有する車を提供する場合もあれば、遊休資産となっている車をユーザーが提供し借りたいユーザーが使うサービスもありますね。

 

レンタルスペース

次は近年かなり有名になったレンタルスペースです!

たとえば月に1度の料理教室などの定期的だけど頻度は低い習い事の場所としてだったり、イベントを開催するために借りるケースが多いですね。

 

こちらは定期契約もあれば1回1回借りるケースもあります。

ビルの1室を提供することが多いですね。また、カフェなどお店として使っている場所の一部を貸し出しているケースもあるようですね。

 

ファッション

ファッションと聞いて「どういうこと?」と思っている方もいるかと思いますが、こちらが月額料金を払うことで一定金額程度の服や靴、アクセサリーなどを借りられるというサービスです。

 

服は好きだし流行も大好きだけどいちいち買ってたら場所もお金も足りない!という人は思っている以上に多く、そういった人からすればこのサービスは手軽にその時にあった服を借りられるとても便利だというわけです。

自分の好みや体形に合わせて運営会社のスタイリストが提案し、良ければ発送されるシステムが多いですね。フルコーデをスタイリストに提案していただけることも魅力ですね。

 

傘のシェア

最後に傘のシェアです!

実は目にしたことがある方もいるかと思いますが、多くは駅などに設置されていますね。

 

月額料金を払い専用アプリに登録して申請をし、家の最寄駅で傘を借ります。目的地で雨がやんでいれば、降りた駅で傘を返却することも可能です!

 

突然雨が降ったりうっかり傘を忘れる経験は誰にでもあると思いますが、そんな時に使えるサービスということで反響を呼びました。

確かに、忘れて毎回傘を買うわけにもいかないですし、持ち歩きたくないということであればすごく有用ですよね。

 

 

まとめ

チーム, グループ, 人, モチベーション, チームワーク, 一緒に, コミュニティ, グループワーク, 協力

ということで今回はシェアリングエコノミーとはどんなものか。今後はどうなっていくのか、メリット・デメリットと事例について紹介していきました!

 

初期投資のあるものや使用頻度がさほど高くないものなどなど、所有するほどではないものというのは本当に多いのです。インターネットが普及したからこそ発展したものですが、この絶妙な需要をカバーしたのはすごいと思いますね。

 

今後も様々なシェアリングエコノミーを活用していく世の中になるのではないかと思います。

皆さんも利用する機会が訪れるかもしれませんね。

 

遊休資産のある方はそれをシェアしてみてもいいかもしれません!

 

シェアリングエコノミーのように、時代の中で活躍するものはどんどん変化していきます。しかし、どんな世の中でも変わらないものもあるでしょう。

例えば「文章の重要性」です。言葉の持つ力は強大で、たった一言で売り上げを変えてしまうこともあるのです。

そういった力に興味がある方は「セールスライティングの教科書」を見てみてもいいですね。

 

移ろいゆくビジネスについて知りたい方は「マーケティングマガジン」をおすすめいたします!

 

では皆様、お読みいただきありがとうございました!

またの投稿をお楽しみに!


この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

    コメントを残す

    *

    この人が書いた記事  記事一覧

    • DNVBとはどんなビジネスモデル?D2Cとの違いや日本での事例を紹介!

    • O2Oマーケティングとはどんな戦略?オムニチャネル・OMOとの違いや成功事例とは

    • シェアリングエコノミーの今後はどうなる?事例やメリットデメリットも紹介!

    • 「パーソナライズド広告」とは何か?意味やメリットデメリットを紹介!

    関連記事

    • 【例文つき】コピーライティングで8つの欲望を表示するコツ

    • フロントエンド商品の目的とは?集客の重要性。

    • ランディングページの成約率を上げる作り方と3つのコツ【成約率58.6%】

    • 商品開発には必須!コンセプトの作り方って?

    • コロナ禍で成功した企業の取り組みとは?対策事例も紹介!

    • ダイレクトメール(DM)で失敗する3つのこと