1. TOP
  2. マーケティングの視点から考える広告の作り方

マーケティングの視点から考える広告の作り方

 2018/04/12 広告
この記事は約 9 分で読めます。

From.羽田野哲平

名古屋の新事務所より、、、

 

僕の働いているニュースパイラルでは、
毎月多くの広告を自分たちで出稿しています。

僕の担当しているプロジェクトだけで、
1つ200万円ぐらい使って広告を出稿することもあります

去年度は100プロジェクトぐらい回したので、
どれくらい力を入れているかは伝わると思います。

 

そこで僕らは、ただ広告を出稿してるわけではありません。
マーケティング的にある狙いをもっています。

 

そこで今回のブログでは、
マーケティングの視点から考える広告の作り方についてお話しようと思います。

広告だけでなく
マーケティング全般に関して幅広いノウハウを教える講座も
ありますよ!

詳しくはコチラ

 

売れる広告と売れない広告

よく言われる、売れる広告と売れない広告は何が違うんですか?

という質問です。

僕もずっと知りたいと思っていたのですが、
まぁ結論から言えばそんな明確なものはないです(笑)

 

なぜなら、見るのは人だから。
人ってそのときの心情やタイミングで、
同じものを見ても受け取り方が変わってしまうからです。
空腹のときに、食べ放題の看板をみたらついつい惹かれますが、
満腹のときは見たくもありませんよね?

それと同じように、誰にでも、どんなときにでも絶対に売れる!
っていうものはないんです。

 

ではどうするかというと、
売れそうな人を狙って打ち出す必要があるのです。
見せる相手とタイミングが全てです。

 

売れる広告はコンセプトが違う

やっぱり、業界で言われる売れた広告ってコンセプトが違います。
この作り方が広告の成否を分けると言っても過言ではありませんね。

よくコンセプトが大事だよと言いますが、そもそも「コンセプト」ってなんでしょうか?
マーケティングの世界には、
なんとなくわかったような気になってしまうような言葉がいくつもありますよね。

それの際たる例が、これだと思います。なので、まずはこの言葉の意味から整理してみましょう。

 

そもそもコンセプトとは?

辞書で意味を調べると、

  1. 概念。
  2. 企画・広告などで、全体を貫く基本的な観点・考え方。

 

という意味がでてきます。
う~ん、わかりにくいですね(笑)

今回は広告、つまり企画で使うことができるコンセプトについて
話をしていますので、
そこでわかりやすく表現するなら、
「あなたの企画を端的に言い表したもの」ということです。

 

あなたの企画はなんなの?

と聞かれたときに一言で理解できるように表現できることが重要になります。
あなたの企画でお客さんがどんな体験を味わうことができるようになるのかを
表現してあげてください。

 

コンセプトの例

おそらくまだぼんやりしていると思いますので、いくつか例を紹介しようと思います。

  • ユニバーサルスタジオジャパン「世界最高を、お届けしたい」

  • スターバックス「家庭でもなく職場でもない第3の空間」

  • iPod「1000曲を ポケットに」

  • うんこ漢字ドリル「日本一楽しい漢字ドリル」

  • 水曜日のアリス「白いウサギを追いかけて、小さな扉を開けるとそこは奇妙で可愛い不思議の国!アリスの気分になって、お店に散りばめられた秘密を 見つけながらお買い物してみませんか? 平凡な毎日がキラキラ輝き出す…かわいくて不思議な「お菓子」と「アクセ」と「雑貨」のお店です。」

  • ダイソン「吸引力の落ちないただ一つの掃除機」

  • モーニングショット「朝専用 缶コーヒー」

  • 俺のフレンチ「高級食材を使った高級料理を 低価格で」

  • ウイダーinゼリー「10秒チャージ2時間キープ」

  • リアル脱出ゲーム「脱出ゲームのリアル版 体感型イベント」

 

などがコンセプトの例です。

どんな悩みを解決して、どんなことを提供してくれるのかなんとなくイメージできますよね。
イメージすることができれば大成功です。

 

なぜコンセプトが重要なのか

現代は本当の情報過多の時代です。

SNSの発展で個人が情報発信を容易にできるようになりました。
だからこそ、情報に埋もれない力が重要なのです。
そしてそれを実現するためには、コンセプトが非常に重要になるのです。

 

 

コンセプトの作り方

では作り方を見ていきましょう。決めなければいけないのは、2つです。

誰に売るのか

まず、ターゲットです。
先ほども言いましたが、ここでほとんど決まります。
ここはもう特定個人に売るようなイメージで細かく設定する必要があります。

 

ここはペルソナ設定というのですが、
詳しくはこちらのブログにまとめましたので確認してみてください。

 

何を売るのか

次に重要なのは、何を売るのかということです。

例えば、
コップを売る場合に「コップ」と答えているのは最悪ですね(笑)

 

あなたが売るのは
「どんな悩みを解決できるどんな商品ですか?」
というところまで煮詰める必要があります。

 

よく勘違いしている人がいるのですが、
あなたが売るのは商品そのものではありません。
僕たちがお金をもらってその対価として提供しているものは、”悩みの解決方法”です。

 

コップが欲しい人ってなんとなくコップが欲しいわけではないですよね?

 

  • 重いコップは持ちにくいから軽いのがいい
  • デスクが濡れるから水のつかないコップがいい
  • 見た目がダサいからもっとポップなものが欲しい

 

こんな悩みがあるから「コップが欲しい!」って思うんです。

 

それなのに、「コップを売りますよ!」って言っても響きません。
広告でアピールすべきなのは、
「あなたの悩みを解決できますよ!」ということを示さなければいけないのです。

 

広告作りに必要な2つの視点

さて、商品をアピールするには悩みの解決方法にフォーカスを当てるという話をしましたが、
これを考えるのには2つの視点で物事を考える必要があります。

 

主観の視点

売る側から見てあなたの商品はどのようなものなのか。

客観の視点

欲しがる人はどのような視点であなたの商品をみるのか。

 

たったこの2つの視点です。
どうしても、人は主観で物事を考えてしまいがちです。
しかし、広告を見るのはあなたの商品を欲しがる人です。

 

欲しがる人から見て、
あなたの商品がどのように映るのかを考えてみてください!

 

 

売れる広告の2つのポイント

さらに2つのポイントがあります。

正当性がある

人は絶対に疑います。
あなたの商品が世界一だとしても、それだけを謳っても信用しませんよね?

 

「世界一のコップ!」

 

怪しいですね(笑)
ここで重要なのは、
あなたの商品の売りが信頼できるかどうかという
正当性を示す必要があります。

 

なぜ、世界一なのか。
なにで、世界一なのかをしっかりと明記しましょう。

 

優位性がある

最後にひとつ、人は商品を見るとき必ず比較します。

人は基準がないと良し悪しを判断できない生き物です。
買うという視点を持ったときに絶対に比較します。

 

つまり、他社と比較して何かが優れているということを示さないと
広告の反応はグッと落ちてしまいます。

 

あなたが広告を作るときは、
何を比較してどれくらい優れているのかをしっかりと考えてみてください。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

マーケティング視点における広告の作り方の基本はこんなところです。

 

重要なのは、

  • 誰に、何を売るのか
  • 商品の正当性と優位性

 

たったこれだけです。

これだけ決めれば商品は売れます。

 

僕らはこれだけで商品をずっと売ってきました。

 

こんな簡単なことで、あなたの商品の売り方は見違えるように変わりますよ。
ぜひ実践してみてください。

 

今回僕が書いたブログが面白いと思った方はこちらからLINEで友達になると、毎朝7時に僕が書いた自分を高めるためのブログをお届けしています。僕の書いたブログを読んで1日をスタートさせてもらう習慣をつけてくれれば、必ず少しずつ自分を変えることができる大きなきっかけになるはずです!

 

LINEの友達にしかお渡しをしていない秘密のブログや解説動画の配信もありますので、今回のブログが面白かったという方はLINEの友達になっておくことをオススメしますよ~!

↓ ↓ ↓

友だち追加

※友達になるにはこのボタンをクリックするだけ!

PCからご覧の方はこちらのQRコードを読み取ってくださいね↓

 

 

※ブログの感想なんかもLINEで教えてくれると嬉しいです(^^♪
今回のブログで
マーケティングに興味を持たれた方は、
こちらの講座からより深い知識を学ぶことができます

 

追伸:
面白いほど儲かる“ザ・マーケティング大学”
の無料体験入学ですが、お陰様で大人気です!

1つの商品だけで3億円達成など、
10年連続で増収増益を達成した収益構造を
今すぐ作りたい方は、こちらにお越し下さい!

ザ・マーケティング大学 無料体験入学

 

追伸2:

毎日マーケティング朝礼という朝6時に
マーケティングアイディアの、
 
 
動画もお届けして
いますので、
こちらも購読することで、
 
 
あなたはさらに
マーケティング知識を習得
することができます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

羽田野 哲平

羽田野 哲平

    コメントを残す

    *

    この人が書いた記事  記事一覧

    • ペルソナマーケティングとは?意味とペルソナの作り方

    • インスタを使ったセミナー集客3つのコツ

    • USPの作り方とは?3つの事例と考え方

    • 【2019年版】Googleアナリティクスの使い方と設定方法

    関連記事

    • 【2019年11月最新版】Facebook広告の費用を抑えて、コンバージョンを上げるためのターゲティングのコツ