1. TOP
  2. 在宅でもできる!主婦起業でやるべき3つのこととは?どんなことを仕事にする?

在宅でもできる!主婦起業でやるべき3つのこととは?どんなことを仕事にする?

 2021/03/18 ブログ
この記事は約 12 分で読めます。

こんにちは!ニュースパイラルです。

 

日本は年々核家族化が進み、現代は夫婦とその子供までを一家として考える形が主流ですね。たまに夫婦どちらかの両親などの親族と暮らしている家庭もありますが、珍しい例になっています。

今では住宅も核家族をベースの考えとして設計されることが多く、特に賃貸住宅なんかは核家族前提だったりします。

 

と、そんな核家族化が進むということは生活にかかるお金が一人頭で増えている可能性もあるわけです。

わかりやすく言えば先ほど家について話しましたが、核家族化が進むということは夫婦とその両親は違う家に住み子どもも家庭を持てば違う家に住むということ。単純に家賃がそれだけ増えていると考えられますね。

生活もそれぞれで行いますのでその分お金がかかる…そうでなくとも昔と比べれば生きるのにかかるお金は増えているでしょう。

 

だからこそ今の時代は夫婦ともに働きやり繰りしている家庭が多いのです。

 

もちろんすでに会社に属している方もいます。でもそれだけではありませんね。当然専業主婦だっています。

でも、専業主婦だから稼がないというわけにもいかなくなったりしますよね。そんな時に働く選択をするわけです。

 

稼ぐための方法にはいろいろとありますが、やっぱり生活によっては外に働きに行くのが難しいことも…ということで今回は中でもお家にいてできること、

 

そう!主婦起業に焦点を当ててお話していきます!

 

 

ということで今回は在宅でできる主婦起業についてやるべきこととどんなことを仕事にしているかを紹介していきます!

 

 

 

「起業女子」が流行っている?

selective focus photography of woman in black t-shirt standing on bridge

正確には、「流行っていた」かもしれませんが女性たちが起業していたことをご存じでしょうか?

 

ネット上だと「キラキラ起業女子」なんて言われていて、特に経験もないのにSNSで自撮りをあげてアピールして…みたいなことが言われていますね。

むしろ起業女子といわれたらこれを真っ先に思い浮かべる人も少なくはないかもしれません。

 

今もそういったキラキラ起業女子はいらっしゃいますし、それでうまくいっている方もいらっしゃいます。

 

ですがもちろん失敗をしているケースも否定できません。

彼女たちは基本的にセルフブランディングで自分自身を「いかに素晴らしく見せるか」を研究しつつSNSで人気を得ようとするそうです。

良くも悪くもそれで人気が出て多大な売り上げを得られた方もいますね。そういった過去の実績があるからこそ真似をする人が増えて流行となりました。

 

さて、これでなぜ失敗してしまうのか?

それはキラキラ起業女子を調べていて必ず目にするものが理由です。

そう、「中身」がないから。

 

中身といっても人柄とかそういう話ではなく、例えばビジネスやマーケティングの知識が足りなかったそもそもビジネスの経験がなかったりすることです。

 

知識もなければ経験もない人間を長年ビジネスに携わる人間が信用するでしょうか?

よほどの魅力がない限りは無理ですよね。彼女が一体どんな人間かなんて知らないということになれば余計信用する理由がありません。

 

とはいえもちろん成功している人もいますし、主婦でもそういったセルフブランディングなども活用している方もいます。

 

彼女たちがなぜ成功できたのか。

理由はいくつかあるのですが、これから起業で成功したい人へまずやるべきことを紹介します。

 

 

起業したいならまずやるべきこと

Computer, Pc, Workplace, Home Office, Desktop Computer

起業をしたいと思っても、まず何からいたらいいかわからないという方が多いと思います。初めてのことをするときはどんなことでもまず何をすべきなのか迷うのは当たり前です。

 

とはいえ悩んでいてわかるかと言ったらすべての人がそうではないので、ここで紹介していきますね!

 

やりたいことを明確にする

あなたが起業してやりたいことは何か?を明確にします。

 

ただ働いてお金が欲しいだけなら起業なんかしないで条件のいいパートや企業なんかを見つけて働くほうがよっぽど楽です。

ルールも決まっていますからやるべきこともすぐにわかるでしょう。

新人には指導をしますから、未経験でもできるところに行ってもいいしもともと何か働いていたりする経験があればそれをいかせばいいですよね。

 

はっきりいって起業は面倒です。税金とかの申請もありますし場合によっては夫の扶養から出てしまいますし…しかもビジネスが軌道に乗らなければ思うような収益を望めないでしょう。

 

そういった面倒ごとはどう足掻いてもついて回ります。

 

でもただお金のために働きたいんじゃない、自分の力で自分のできることで誰にも縛られず稼いでいきたい。そんな思いのある方は起業が向いているでしょう。

 

この時にただ何となく「自分のできることで稼ぐ」と考えていては上手くいきません。

自分のできることとは何か?自分が今持っている力とは何か?自分はどんなことで稼いでいきたいのか?どんなことであれば利益を生めるのか?そういったことを考えることが大切です。

 

そもそも目的も目標もないのに売上を出せるほど今の社会は優しくありません。

 

どんなことをしてどんなものを提供していくかのイメージを持つようにしましょう。

 

注意点!

ビジネスとはお客様ありきのものです。

お客様がいなければ何をどのように提供していけばいいのか全く分からなくなってしまいますから。

 

そこで絶対に忘れてはいけない、間違えてはいけないことが自分の「やりたい」だけで起業すればお客様がついてこない可能性もあるということ。

 

まず自分のやりたいことを求めてくれるかどうか、需要があるかどうかそれをリサーチしたりしていくことが大事になります。

 

求められていないものを提供したところで意味はありませんからね。

 

ビジネスの知識を身に着ける

先ほども話しましたが、知識も経験もない人間を信用してくれるような酔狂な人はそうそういません。

そんな人に気に入られてどんどん成功してー・・・みたいなシンデレラストーリーは物語の中だけです。あったとしてもとんでもない豪運の持ち主ですね。

そんなものに期待をしていては上手くいきませんのでしっかりと地盤を固めましょう。

 

そもそもビジネスの知識を身に着けるということは自分自身を守ることにもつながります。

例えば正しい法律を知っていれば犯罪を起こすことはありませんよね。スポーツもルールを知っていれば安全にプレイできますし違反を取られることもないのです。

 

ビジネスの知識があるということは、無意識のうちに何かしらの加害者になってしまうことや詐欺などの被害者になる可能性を下げてくれます。

それに先人たちが築き上げた理論を知るということは、効率よく集客する方法がわかったり、自分のビジネスに合うビジネスモデルがわかったり真似すべき手法が判断できたりすることに繋がります。

 

要するに失敗する確率を下げて合理的に進めるために必要なんですね。

それにビジネスはお客様だけを相手するかといえば、競合他社がかかわることもあります。そういった存在がかかわるときの対処もビジネスの知識としてあるのです。

なので知識が必要になってきますね。

 

また、業界によってこの知識には大きな違いがあります。先ほど話したやりたいことを明確にするに必要性がある理由はこの知識をつけるという場面でも必要になってくるのです。

 

とはいえどうやって身に着けていけばいいかわからない…という方もいますよね。

当ブログのほかの記事を見ていくのもいいですが「マーケティングマガジン」を利用してみるのも1つの手です。

ビジネスに関する情報を、ビジネス用語や事例、集客など様々な角度で紹介しています!気になった方は見てみてください。

 

人脈を広げること!

さて、最後に人脈を持つことです。

 

先ほどビジネスはお客様だけを相手にするわけじゃないと言いました。

競合他社ももちろんですが、それだけではなく例えばごひいきにしていただけるお得意様の存在だったり、同じ業界で起業している先輩だったり、同じく起業を目指している仲間だったり、自分のビジネスをお応援してくれるファンだったり。

敵だけでなく味方の存在も、この起業という場面では非常に重要になります。何より情報を共有しあえるのが大きなメリットですね。

 

もちろん偉い人と縁を持つことも望ましいですが、何もそれが必須かと言われればそうではありません。あればいい、程度といってもいいです。

 

何よりも味方としての人脈を持つことが最も望ましいです。

 

こういった人脈を広げるためにもビジネスの知識は必須です。右も左もわからずとりあえず起業して何も知らなけど稼ぎたい、みたいな人とかかわるのはリスクが高いと思われますからね。

しれっと離れられてしまうでしょうね…

 

情報の重要性って?

情報があることの最大のメリットはこれから起こることの予測を立て対策をとることができる面だと考えています。

 

例えば5分後に起こる地震の予測ができれば?

靴を履いて通路を確保したり火を消したり水をためて置いたりできる限りの対策ができますよね。

でも情報がなければそんな対策もできずに被災します。

 

もっと身近な例にしましょう。

夕方から雨が降ることがわかっていたら?

朝一番で洗濯をして昼過ぎには取り込むことにして、出かけるなら念のため折り畳み傘を持っていくという判断ができますよね。

でもその情報がなければうっかり干した洗濯物を濡らしてしまうかもしれませんし傘を持っていないかもしれない。

 

ビジネスではどこかの企業の経営が怪しければそこと関わるビジネスに注意したり、市場での動きがあればそれに対して動くことができます。

早く対処をするということは被害を抑えられたり利益につなげられるようになるということです。

 

情報とはそれだけで有利になれるし不利にさせられるものなのです。

 

 

主婦企業はどんなことを仕事にしてるの?

3 women smiling and standing beside white wall

さて!

やりたいことを明確にするのところで仰々しい言い方をしてしまいましたが、何もそんなに難しい仕事をするということでもありません。

 

しかも主婦ってただ生活しているだけでなく夫や子供の生活を守る役割も担っていますよね。人によっては地域での働きがある方もいます。なのでそんな大きくて大変なビジネスをしているわけではないんです。

 

ではどんなことを仕事にしているのか?を見ていきましょう!

 

【在宅でできる】趣味を仕事に!

まず最近多いなと思うのが趣味を使ったビジネスを始めるケースですね。

 

私がよく見かけるのは手作りの手芸作品や自作写真などの販売です。

アクセサリーや雑貨の制作や自作イラスト・写真を使った商品の販売などが多いですね。

 

趣味を使った起業は

  • いかにファンを得るか
  • 顧客層のニーズを把握できるか

が成功のカギになるケースが多いですね。それこそ成功すればイラストレーターとか作家として活動ができるようになります。

 

ものさえあれば好きな時に家で作業ができるものがほとんどですし、販売はネットを使えばいいのでテナントを借りる必要性もありません。

もちろん実店舗を持つことが夢であれば売上を伸ばして持つことも可能でしょう。

 

なにか商品として販売可能な趣味があれば活用してみるのもいいですね。

 

スキマ時間の活用!

スキマ時間を活用してのビジネスもちらほら見受けられます。

例えば家事代行ですかね。

主婦であれば家の炊事洗濯掃除は行っている場合が多いですよね。その経験を自分の手の空いた時間で提供するということ。

 

これはお子様がかなり自立された方が行っている印象が高いですね。

それこそまだ小さなお子様がいて火事に手が回らない…という家庭のサポートとして行っているみたいなケースもあります。

 

これは企業が運営している大手のサービス員になるのもいいのですが、シフトやノルマの関係で難しいということから所属できないことも多々あるそうです。

と、そうなってしまえばもう自分で運営しようとなったわけですね。

同じような思いをしている人を雇ったり共同で行うケースもちらほらあるみたいですね。

 

この場合はプランや営業時間などの管理も自分で行い、SNSなどを活用して集客から応対まで行うようですね。

 

サービス内容は競合他社を調べてみるのがいいでしょう。

 

【在宅でできる】スキルの活用!

最後は自分の持つスキルの提供ですね。

それこそネイリストやエステティシャンであれば自宅サロンを行うのもありですね。

エステティシャンや整体師などであればオンラインでの口座を行うのもありでしょう。

ほかにもWEB関係のお仕事を行っている方もいました。

 

WEB系だとクラウドソーシングなどを活用している方が多いですが、SNSなどで自力で仕事をとってくるというケースもあるようですね。

 

これに関しては同じようなスキルで起業した人について調べてみたり話を聞いてみたりすることが有効な場合も多いです。そこでどんなことが求められているかもわかりますしね。

 

ただすでに多くの人が同じスキルで起業している場合は仕事をとってくるのが難しいことも多いそうです。

 

 

まとめ

woman in black jacket sitting beside woman in white blazer

ということで今回は在宅でできる主婦起業についてやるべきこととどんなことを仕事にしているかを紹介していきました!

 

起業は大きな決断です。

すぐにサクッとできてしまうことではないので、慎重に準備を進めていくことをお勧めいたします。

まずは自分がしたいことを明確にし、それに基づいてビジネスの知識をつけていき、得た知識を活用して人脈を広げていく。そして情報を得ていく。

これを行うことが主婦が在宅でも起業して仕事を、ビジネスをしていくためにできる最初のことです。

 

そして自分がどんな仕事ができるのかを考えどんな形にしていくのかを考えていきましょう!

 

そして文中でも紹介しましたが「マーケティングマガジン」を利用してビジネスについて学んでみてください。

情報発信に役立つ特典もつきますのでお早めにチェックをしてくださいね!

 

ということでここまでお読みいただきありがとうございました!


この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

    コメントを残す

    *

    この人が書いた記事  記事一覧

    • DNVBとはどんなビジネスモデル?D2Cとの違いや日本での事例を紹介!

    • O2Oマーケティングとはどんな戦略?オムニチャネル・OMOとの違いや成功事例とは

    • シェアリングエコノミーの今後はどうなる?事例やメリットデメリットも紹介!

    • 「パーソナライズド広告」とは何か?意味やメリットデメリットを紹介!

    関連記事

    • コピーライティングの書き方とコツは?3つの心理から学べ!

    • 売れるセールスレターの書き方(14個のコツとテンプレート)

    • ブログネタがない!?ネタに困ったらこうして集めろ!

    • 顧客のリピート率を上げるために必要な4つの方法

    • アンケートの回収率を上げる5つの方法

    • YouTube(ユーチューブ)を活用した集客のメリット