1. TOP
  2. ランディングページの成約率を上げる作り方と3つのコツ【成約率58.6%】

ランディングページの成約率を上げる作り方と3つのコツ【成約率58.6%】

 2018/03/17 コピーライティング ブログ
この記事は約 10 分で読めます。
学びの総合商社ニュースパイラルでは マーケティングの情報を365日配信しています。 ブログだけでなく、メルマガやLINEでも情報を発信しているので ぜひこちらも合わせてご購読ください! ※現在10万人以上の経営者が購読したマーケティングレポートも無料で配布いたします!

From.羽田野哲平

名古屋の事務所より、、、

 

今日はランディングページの成約率を上げるコツについてお話していこうと思います。

業界での平均っていうのは大体20%前後なんですよね。
しかし、僕らはあるコツを知っているので、業界平均よりも30%以上も高い、
58.6%という成約率を叩きだすことを狙ってできるようになりました。

 

証拠画像↓ ※最後に実際のランディングページのリンクもつけておきますね。

 

 

成約率が30%高いということは、
同じ広告費をかけても30%も成果が違うということです。

100万円の売り上げを上げるために業界が苦労しているのに対して、
僕らは同じ労力で130万円の売り上げをあげることができます。

もちろん、僕らのビジネスは100万円単位ではありません(笑)
10億円規模のビジネスをしている僕らにとって、
30%も違うということはどれだけの金額が動くかは想像に難くないですよね。

 

今回は、その中でコピーライターを担当している
僕の持っている成約率を上げる3つのコツを紹介しようと思います。

 

ブログ集客を学ぶなら、こちらから

 

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページとは、着地する(ランディング)ページという意味です。
よくLPと略されたり、オプト、
オプトインページ、オプトページという言い方もしますね。

役割としては、顧客との最初のコンタクトのページになります。

最初に着陸するページということです。

 

人間関係で言うところの、最初の自己紹介ですかね。
ここで興味が持てないとやっぱりその後の関係って作れないですよね。
全員に興味をもってもらう自己紹介って難しいですよね、
でも特定の人の興味を引く自己紹介ならできますよね。

 

「私はテニスがすきなんです!」

「えっ、おれも好きなんだよ!」

 

という感じにまずは興味を持ってらもらえるのが最初のコンタクトでは重要です。
ここのコンタクトの成約率を上げるのが、
今回紹介するランディングページの成約率を上げる作り方と3つのコツです。

ランディングページを作るメリット

そもそもなんでランディングページなんて作らないといけないんでしょうか。

 

その理由を説明する前に、ページにはざっくり分けると2種類あります。

  • ランディングページ
  • セールスページ

 

の2つです。

ランディングページは興味を持ってもらうためのページ

セールスページは実際に商品を売るためのページです。

 

僕らは、このランディングページを広告などで流して、
興味を持ってくれた人にセールスページを流して商品を販売しています。

 

ここで、ランディングページを作らずに、
商品を売り込むだけのセールスレターしかないと何が起こるか恋愛に例えると、
いきなり「好きです! 付き合ってください!」と言われるようなものです。

めっちゃ怖いですよね(笑)

でもいきなり商品を売りつけるってそういうことです。
当然そういう作り方をしてるランディングページは成約率は落ちます。

 

ここで必要なのは適したアプローチですよね。
アプローチをするために必要なのはなにか、、、連絡先ですよね。
ランディングページの役割は連絡先をゲットすることなのです。

 

狙っている女の子がいるなら、
まず連絡先を手に入れて、何度かやり取りをして、デートにいって、、、
みたいな流れが王道ですよね。

ここら辺をすっ飛ばして、いきなりいける実力があるならいいと思いますけど(笑)

 

まずは連絡先をゲットしてアプローチをする。
その中で興味を持ってもらい、商品を販売するのが
やっぱり成約率も高いですし、結果的に売上も伸びます。

 

それにセールスレターだけだと、一度商品を売るだけで終わってしまうんですよね。
でも連絡先をゲットして関係性をつくることができれば、
「新しい商品出たんだけど、どうですか?」と提案できますよね。

 

ひとつの商品を売って終わりではなく、
リピーターやファンを作ることができるのがランディングページの役割なんですよね。

 

自動でリピーターやファンを作るマーケティングシステムを知りたい方はこちら

 

ランディングページを作るデメリット

ランディングページを作るデメリットを上げると、
コストがかかるということですね。

外注すると大体10万〜20万円ぐらいかかります。

 

一番いいのはやっぱりデザインをしっかりやることですけど、

このブログを書いているようなワードプレスを使うだけでも
十分に反応を取ることができますので、まずはワードプレスで作って成約率を見て、
よければお金をかけて外注に依頼するのがいいのではないでしょうか。

 

ランディングページの成約率を上げる作り方と3つのコツ

さて、前置きが長くなってしまいました。
ランディングページの成約率を上げる作り方のコツはいくつかあります。

その中で今回は特に重要で使えると思う3つのコツを紹介しようと思います。

ターゲットの属性を把握する

まずはこれです。

当然ですが、ターゲットがどんな人かわからないのに、
適したアプローチや提案なんてできないですよね?

恋愛で例えるなら(恋愛で例えるの好きだな)、
趣味も好きなものも、
もしかしたらどんな顔でどんな性格かもわからないまま告白しようと
しているようなものです。

だいぶイカれていますよね。

まずやるべきなのは、ターゲットがどんな属性なのかを知ることです。

そこで重要なのは意識レベルを知るということです。

  • どの程度、自分の問題は何かわかっているのか
  • 解決方法がわかっているのか
  • それに対するどんな商品があるかがわかっているのか
  • 商品比較ができるのか

この辺りを基準にターゲットの属性を明確にする必要があります。

これに関しては以前ブログを書いたのでこちらを参考にしてみてください。

 

5つの意識レベルを活用した見込み客と潜在顧客へのアプローチ方法

※ページの最後にもリンクをつけておきますね。

 

何がもらえるかをイメージできるようにする

これができていないランディングページは意外と多いです。

ランディングページは基本的に連絡先をゲットすることを目的としているのですが、
ただでメールアドレスやLINE登録する人はいませんよね。

 

 

例えば、飲食店で今LINE@をやっている人は多いですが、
そこに「LINEやってます」とだけ書いてあっても「へ~」ぐらいにしか思いませんよね?

 

ですが、
「LINEで友達登録していただければ、会計から10%OFF」
と書いてあれば、とりあえず登録しておこうとなりますよね。

 

この2つで成約率は全く違います。
それは登録したときに得られるメリットが明確でイメージしやすいからです。

なので成約率を上げたいのであれば、
得られるメリットを明確にイメージできるような作り方を意識してください。

 

メールアドレスや、LINEの登録なんて手間でも何でもないですが、
人はそこにメリットを感じないとどんなに簡単でも、
無料でも動かない生き物だということを良く理解しておいてください。

 

お客さんが勝手に集まり、勝手に買いに来るマーケティングシステムを無料で体感しませんか?

 

 

不安要素を考える

コピーライティングや、
マーケティングの勉強をしている人って基本的には病気なんですよね(笑)

というのも、自分のメールアドレスやLINEを登録することに
何の抵抗感もないぐらいに毒されているんですよね。

僕もそこに精神的なハードルは全くないです。病気なんで。

 

でも、顧客のターゲットによっては、
そこに精神的なハードルがあるかもしれません。

「えっ、メールアドレスを登録するなんて怖い」

「なんでLINEに登録しなきゃいけないの」

 

って感じるんですよね。
僕らのようなコピーライティングでしかける側は、
こういう感覚をおざなりにしがちです。

ここでやるべきなのは、
不安に思っていることを予想して、大丈夫ですよと先に書いてあげることです。

 

例えば、

Q「このメールアドレスは何に使われるんだろう、、、」

A「無料の動画を毎日ご登録いただいたメールアドレスにお送りします」

 

Q「なんでこんなプレゼントが無料なの? どこかでお金を取られるんじゃ、、、」

A「今回は創立10周年の記念のため、完全無料で提供します」

 

といった具合に予想される不安を潰すものを用意しておくのです。

この不安がわからないという毒されすぎた人は、
全く業界と関係ない友達などにページを見てもらって意見を聞くのがオススメです。

僕も最近、内定者に記事を見せて感想を聞いているのですが、
自分が忘れていた視点を呼び起こしてもらええるので助かっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ランディングページの成約率を上げる作り方のコツはたったの3つです!

  1. 見込み客の意識レベルを知る
  2. 得られるメリットを明確にする
  3. 不安要素を消す

 

僕らが成約率58.6%を記録したランディングページを参考に、
どこにこの要素を混ぜたのか考えてみてください。

 

成約率58.6%を記録したランディングページ↓

https://the-marketing.xyz/lp/15780/892826/

 

さらにブログの専門家からブログのノウハウも 学べます

 

今回僕が書いたブログが面白いと思った方はこちらからLINEで友達になると、毎朝7時に僕が書いた自分を高めるためのブログをお届けしています。僕の書いたブログを読んで1日をスタートさせてもらう習慣をつけてくれれば、必ず少しずつ自分を変えることができる大きなきっかけになるはずです!

 

LINEの友達にしかお渡しをしていない秘密のブログや解説動画の配信もありますので、今回のブログが面白かったという方はLINEの友達になっておくことをオススメしますよ~!

↓ ↓ ↓

友だち追加

※友達になるにはこのボタンをクリックするだけ!

PCからご覧の方はこちらのQRコードを読み取ってくださいね↓

 

 

※ブログの感想なんかもLINEで教えてくれると嬉しいです(^^♪
PS

 

追伸:
面白いほど儲かる“ザ・マーケティング大学”
の無料体験入学ですが、お陰様で大人気です!

1つの商品だけで3億円達成など、
10年連続で増収増益を達成した収益構造を
今すぐ作りたい方は、こちらにお越し下さい!

ザ・マーケティング大学 無料体験入学

 

追伸2:

毎日マーケティング朝礼という朝6時に
マーケティングアイディアの、
 
 
動画もお届けして
いますので、
こちらも購読することで、
 
 
あなたはさらに
マーケティング知識を習得
することができます。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

羽田野 哲平

羽田野 哲平

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2019年3月最新版】Facebook広告の費用を抑えて、コンバージョンを上げるためのターゲティングのコツ

  • プロモーション会社が語る、WEBマーケティング戦略の方法

  • セミナー集客のコツと方法は?たった2人で1500名集客できた理由とは?

  • アイディアが浮かばない時に画期的な企画を生み出すコツは?

関連記事

  • 企業がTwitterでアカウントを作成するメリットと方法は?

  • セールスコピーライターになるには?仕事の取り方は?

  • SEO対策を自分でやるために必要なことは?

  • 顧客のリピート率を上げるために必要な4つの方法

  • 文章で商品の魅力を伝える2つのコツ

  • ブログの文章力を上げるために必要なたったひとつの考え方