1. TOP
  2. ダイレクトメール(DM)の開封率を上げるアイディア

ダイレクトメール(DM)の開封率を上げるアイディア

 2018/11/04 ブログ
この記事は約 8 分で読めます。
学びの総合商社ニュースパイラルでは マーケティングの情報を365日配信しています。 ブログだけでなく、メルマガやLINEでも情報を発信しているので ぜひこちらも合わせてご購読ください! ※現在10万人以上の経営者が購読したマーケティングレポートも無料で配布いたします!

どうも、岩瀬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画質悪くてすいません、、、)

 

弊社には、、、毎月
とんでもない数のダイレクトメールが届きます。

この画像は、そのダイレクトメールを開封して
ファイリングしたものです。

これでも一部です、、、笑

 

これは中身ですが、
封筒も別でとってあります。
(どこのダイレクトメールか分かってしまうので、
今回は中身の画像だけ上げさせていただきました。)

 

なぜ、こんなことをしているのか?
それは、もちろん研究のためです。

 

様々な業界の他社がどんなアイディアで
どんなデザインで、どんなコピーで
ダイレクトメールを作っているのか?

 

ダイレクトメールを使う以上
情報はたくさん知っておくべきです。

 

ですが、正直、、、
ダイレクトメールを送っている企業は
かなり少ないです。

 

ですので、DMに力を入れている企業を探し
わざわざ商品を買って、DMが届くようにしていたりします。
これだけの情報を手に入れるのは、楽ではないです、、、

 

しかし、他社のDMはアイディアの宝庫です。
実際に弊社が作る際は、この中からアイディアを
取り入れ、独自のアイディアと掛け合わせたりして

オリジナルのDMを作ります。

 

とまあ、このような理由で
弊社には毎月大量のDMが届くのですが、

 

届いたものをただ、闇雲に開けて、
ファイリングするわけではありません。

 

せっかく大量の投資をして
届いたものですから、

 

まず、仕分けをします。
自分だったら、開封するかしないか?
というのを、受け取り手の立場から考えます。

 

単純に見た目で気になったもの、
コピーで開けたくなるようなものなど

 

色々パターンはありますが、
自分だったら、開けるか開けないか、
なぜ、それが開けたくなったのか
まで考えて研究します。

 

毎回、その大量のダイレクトメールを
見るたびに、必ず思うことがあります。

 

それが、今回このブログで
お話しようと思っている、

『開封率を上げる3つのアイディア』

です。

 

開封したくなるダイレクトメールには、
ほとんど、この3つのどれかが含まれています。

 

ですので、もしあなたが
今後、ダイレクトメールを
やっていくのであれば、

 

この3つのアイディアを
知っておいてください、、、

 

絶対に笑

 

それでは、行きましょうか。

 

売れるDMを作るポイント

まず、3つのアイディアをお話しする前に、
売れるDMに必要なポイントを知っていますか?

 

ダイレクトメールを送る目的は
『売上を上げること』。

 

つまり、ダイレクトメールには
反応が取れる、つまり、、、
売れるセールスレターが必要です。

 

しかし、いくら売れるコピーが
書けたとしても、その前に絶対に忘れては
いけないポイントがありますよね。

 

そうです、開封してもらうこと。
開封してもらえなければ、、、

 

どれだけ売れる文章が
そこに書いてあっても、

 

見られることなく、捨てられて
意味のないダイレクトメールになります。

 

ですので、まずは
どうやったら開封されるかどうかに
こだわってください。

 

これは、さほど難しくありません。
売れるセールスレターを書く方が
よっぽど難しいです。

 

こんなことは
あまり言いたくありませんが、
セールスレターが良ければ、

封筒のアイディアを変えるだけで
ずっと売上を上げることさえできてしまう。

 

ですので、、、
本日教える3つのアイディアを
自分のものにしていただければ
あとが、とても楽なんです。

 

ですので、もし
あなたが反応の良いセールスレターを
すでに書いている人であるなら、、、

 

本日、お話するアイディアを
すぐにでも取り入れてください。
それだけで反応があるのかもしれません。

DMにニュース性を出す

人の脳は、、、

・危険なこと
・他とは違うこと
・新しいこと

の3つのことに反応してしまうと
言われています。

 

ですので、、、
それを刺激するための仕掛けを
いくつも入れておきます。

 

一番、王道なのが、
このニュース性。

 

例えば、、、
『最新発表!新商品が出ました!』と書いたり、
『発表!最新バージョン公開!詳しくは開封ください!』
とコピーを書けば、ニュース性がありますよね?

 

確かに、このような封筒は
わりと開けられやすい傾向があります。

 

しかし、この例えだと、
ニュース性を出すためには、
何かしらの記念ごとがないとダメだと
思ってしまうかもしれませんが

 

そんなことはありません。

 

要は、、、
危険なこと、他とは違うこと、新しいことを
受け取り手に感じてもらえれば、いいのです。

 

ですので、

危険であれば、、、
『やってはいけない3つのこと』

 

新しいこと、他とは違うことであれば、、、
新レポートやビデオやDVDを
入れたりするのもいいですね。

 

開封率を上げるグラバー効果

DVDを入れる方法を先ほど
ご紹介いたしましたが、

 

人には、見た目や触った感触で
注意を引かれてしまうという傾向があります。

 

この傾向を使った例が、このDVDであり、
他にも、封筒の外から目立つようなものを
わざわざ入れたりして注意を引くことができます。

 

この物体のことをグラバーと言います。
このグラバーを入れると、見た目で明らかに
他のダイレクトメールとの差を出すことができます。

 

形で凹凸が分かりにくくても
触った瞬間に異物感があるため、
仕分けをするときに、必ず注目されます。

 

また、他のDMよりも
お金がかかっていることが
見た目でわかってしまうので、
簡単に捨てられることを減ります。

 

海外では、本当にいろんなグラバーを
使ったダイレクトメールがあるそうですよ。

 

個人的にですが、
なんかグラバー専門で売っている、
ECサイトなんか見たこともありますね(笑)

 

封筒に気をつける

かなり、基本的なことですので、
普通にやってしまいがちですが、

封筒に貼る切手や宛名の書き方で
開封率が上がります、、、

 

個人宛みたいなダイレクトメール
まるで、家族や友達や親戚から来たような
手紙のようなデザインのものは
かなり開けたくなりますね。

 

そのために、
切手を貼ったり、
宛名を手書きにしたり
封筒にこだわったりすると、

 

すごくこだわっている感が出るので、
高額商品などの案内なども、
できるようになります。

そして、一言は添えた方がいいですね。
◯%オフやセールなどを書いてしまうと
売り込みと思われてしまうので、
逆に開封されなくなってしまいます。

 

しっかり受け取り手の気持ちを
理解していれば、開封を上げるデザインを
考え出す言はできますよ。

まとめ

いかがでしたか?

 

本日は、ダイレクトメールというより
ほとんど封筒の話でしたね。

 

ダイレクトメールは文章書くものと
思っている方が、多いようですが、
全く持ってそんなことはありません。

 

ダイレクトメールは、
アイディアで決まります。
どんなコンセプトで送っていくのか?

 

もし、ダイレクトメールを
やっていきたいのであれば、
書き始める前に、、、

 

どんな企画で書き、
どんなアイディアを作るのか、
をまず考えてみてくださいね

 

そして、、、
開封させることさえできれば、
あとはセールスレターだけなので、
ぜひ、セールスレターについても
弊社から学んでくださいね

 

リクエストがあれば、
ダイレクトメールようの
セールスレターの記事も書きますよ。

 

リクエスト待っています。
岩瀬

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今が人気!コンサルティングビジネス始めるべき3つのメリット

  • コンサルタント、セミナー講師、コーチング講師のための売れるセールスレターのメリットと書き方テンプレート

  • ダイレクトメール(DM)の開封率を上げるアイディア

  • ダイレクトメール(DM)で失敗する3つのこと

関連記事

  • ストーリー作りの5つのコツ

  • 少年ジャンプに学ぶストーリーの作り方

  • メルマガの開封率を上げるコツと読まれる書き方は?

  • 新規客獲得とリピート率を上げるために知っておくべき顧客心理

  • アンケートの回収率を上げる5つの方法

  • 初心者でもできる!?メルマガの書き方のコツ