1. TOP
  2. セールスコピーライターになるには?仕事の取り方は?

セールスコピーライターになるには?仕事の取り方は?

 2018/04/11 コピーライティング
この記事は約 6 分で読めます。

From.羽田野哲平

名古屋の新事務所のセミナールームより、、、

 

さて、僕は日ごろから、
本当についているなと感じることがあります。

それは、セールスコピーライターとして
仕事を山ほどもらえているということです。

 

年間で100本のプロジェクトを回してきたので、
それにまつわるオプトページやセールスレター、
プロモーションメール、LINE、広告など全ての文章に携わってきました。

 

そこで経験をもとに実績をつけて今では、
いろんな仕事ができるようになったのですが、
こんな環境は普通手に入れることができませんよね?

 

自力でセールスコピーライターになるには
自分で仕事の取り方を覚えなければいけません。

 

ですので、今回は、仕事の取り方をお伝えしようと思います。

 

セールスコピーライターとは?

セールスコピーライターとは、
「読んだ人が思わず反応してしまう文章を書く人」のことです。

 

あなたは、街角の広告や、ネットの記事を読んで
思わず「これ欲しい!」とか「今すぐいかなきゃ!」と
思ったことはありませんか?

 

そういった文章を書けるのって魅力的ですよね。
それで仕事をもらえるのってあこがれますよね?
そう思っているからこそ、このブログを読んでくれているのだと思います。

 

セールスコピーライターになるメリット

もうすでによ~く理解している部分かもしれませんが、
セールスコピーライターになるのにはいろんなメリットがあります。

 

あなたの文章が勝手に営業をして売ってきてくれる

セールスレターを書くということは、
あなたの手でひとりの営業マンを生み出すということです。
それを広告や、自分のリストに流すだけで商品を売ってきてくれます。

 

ひとりでは、営業で販売するのは物理的な限界がありますが、
セールスレターならあなたの分身が増えて仕事をしてくれるのです。

 

つまり売上に上限がないんですよね。これって本当にすごいことですよね。

 

時間にも場所にも縛られない

これって地味にすごいことだと思います。
書き仕事ってどこでいつやってもいいんです。

僕は名古屋の会社の人間なのですが、たまに東京に出張に行ったときなんかは、
新幹線や、東京の喫茶店で気軽に仕事ができています。

びっくりするぐらい何の問題もなくて、本当に楽ですよ(笑)

書き仕事だけならどこでもできるのが一番の魅力ですね~

 

さて、そうは言って憧れていても、
セールスコピーライターになるには仕事を見つけなければいけません。
では、今回のブログの本題である、
仕事の取り方についてお話していこうと思います。

 

ライティングの仕事が集まる場所

ライティングの仕事が集まるのは主に3つですね。

クラウドソーシング

ランサーズや、

https://www.lancers.jp/

 

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

 

のようなクラウドソーシングサービスにはライティングの仕事が結構あります。

始めのうちは地道にここの仕事をこなしていくのがいいと思いますが、
正直報酬はしょぼいですよ(笑)

 

報酬は基本文字数単価なので、
それでしか見てもらえないっていうのは
なかなかしんどいと思うので僕はあまりオススメしません。

 

それに突然クビを切られたり、
そもそも教えてくれる人なんていませんからね。

どうせなら、成果報酬も欲しいですし、
「あなただから依頼したい!」と言われたいですよね?

そういう方には下の方法がオススメです。

 

プロモーション会社に入社する

僕がやったのはこの方法ですね。
プロモーション会社は書き仕事が死ぬほどあります。さばききれないぐらいの仕事があります。

なのでプロモーション会社に入社するのが、給料をもらいながら、
勉強ができて、教えてもらえるのですから、
これほど恵まれた環境はないと思います。

 

 

 

業界のトップライターと絡む

ライティング業界はトップライターばかりが
仕事を独占する傾向にあります。

仕事を依頼する側からすれば、
やっぱり実績や経験のある人に依頼したいですよね。
だから、仕事が上のほうにばかり集中します。

 

でも、トップライターもそんな仕事量はさばききれないんですよね。
だからこそ、そこと絡むことができれば、
トップライターの実績を借りながら仕事をもらうことができます。

 

ですが、そんなとことどう絡むんだ(笑)

って思いますよね?
もちろんその方法をまとめました。

 

プロモーション会社や業界のトップライターからの仕事の取り方

 

お客さんになる

一番早いのはお客さんになるってことですね。
仕事を得るためにお金を払いたくない、、、って思わないでくださいね(笑)

 

セールスコピーライターは実績や経験がある人ばかりが仕事を独占するので、
まずはお金を払ってお客さんになりましょう。

そうすれば「仕事をくれませんか?」とお願いしやすいですよね。
そこから仕事をもらい、実績や経験を積めばいいのです。

 

それを元にやるだけで、
セールスコピーライターの仕事に困ることもなくなりますよ!

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

セールスコピーライターになるにはまず仕事の取り方を覚えなければいけません。

 

そのために取れるのは

  • プロモーション会社に入社する
  • 業界のトップライターのお客さんになる

という方法です。

 

ぜひチャンスを掴みにいってくださいね。

また、コピーライティングの実力を上げたい!

と思う方はこちらのブログも合わせてご覧ください↓

 

コピーライティングで成約率を上げる12の方法

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

羽田野 哲平

羽田野 哲平

    コメントを残す

    *

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 【2019年4月最新版】Facebook広告の費用を抑えて、コンバージョンを上げるためのターゲティングのコツ

    • プロモーション会社が語る、WEBマーケティング戦略の方法

    • セミナー集客のコツと方法は?たった2人で1500名集客できた理由とは?

    • アイディアが浮かばない時に画期的な企画を生み出すコツは?

    関連記事

    • サンクスページのコンバージョンを上げる文言とデザインのコツ

    • 【例文つき】コピーライティングで8つの欲望を表示するコツ

    • 文章で商品の魅力を伝える2つのコツ

    • 初心者でもブログを効率良く書ける、5つの書き方とは。

    • 【コピーライティングに必須】スワイプファイルの正しい使い方

    • ブログの文章力を上げるために必要なたったひとつの考え方