1. TOP
  2. メルマガのクリック率と開封率を上げる3つのテクニックとは?

メルマガのクリック率と開封率を上げる3つのテクニックとは?

 2018/04/05 ブログ
この記事は約 23 分で読めます。

こんにちは、

毎日、メルマガを書いて手が腱鞘炎になっている翔太です(笑)

 

数あるブログの中から、このブログを見ていただき誠にありがとうございます!

 

このブログでは、メルマガの

 

・開封率が上がらない

・クリック率が上がらない

・文章がうまく書けない

 

こんな悩みを解決するために、この記事を書きました。

 

僕自身、メルマガを毎日書けるようになるまでは「何文字書いてもメールを送る許可が出ない」や「いざメルマガを送ってもクリック率0%・開封率0%」こんなメルマガ生活が1カ月近く続いていました。せっかく書いた文章を何度も、control+A+Enterをしたのか、振り返るだけでも辛い時期がありました。(control+A+Enterとは、”消去”のことです(笑))

 

そんな毎日、書いた文章をゴミ箱に捨てていた僕ですが、ある日から、開封率・クリック率が1%、2%、、、10%と、上がっていきました。その時に、大事にしていたメルマガのコツや失敗続きの僕は何がダメだったのか?その原因を今、メルマガで悩んでいるあなたにお伝えしようと思います⇓

 

Contents

メルマガって何?

メルマガを書き始めている人にこんな質問しても…と思いますが(笑)

 

改めて、、、メルマガって何でしょうか?

 

・メールを送るためのツール

・登録してくれた人に継続的に送るメッセージ

・登録するとたくさんメールが送られてくる

 

いろんなことを考えるかもしれませんが、このブログを読んで頂いてるあなたには、共通認識として。「複数の読者に対して一斉送信されるメール」ということを覚えておいてください。いきなり、何か教科書に書いてあるようなお堅い言葉を言われると、分かりにくいと思うので、簡単に説明すると、

 

メルマガとは、あなたの発信(ブログなどのSNS)に興味を持った人全員に、1通で送ることができるメッセージのことです。

 

メルマガを使うとこんなことができる!メルマガの3つのメリット

では、そのメルマガを使ってどんなことができるのでしょうか?

 

先程も言いましたが、あなたに興味を持ってメルマガのフォームに登録した人に一切何も送らずに、放置するのは本末転倒ですよね(笑)せっかくあなたが伝えたいことがあるの、登録解除されるのは悲しいですよね。せっかくなら、あなたが伝えたいことをたくさんの人に呼んでもらって、ファンが増えたら嬉しくありませんか?

 

メルマガでできる3つのメリット~その1~

メルマガを使うことでたった1通で何千、何万人のメルマガに送信することができます。これはメルマガでできる最大のメリットだと、あなたも考えているのではないでしょうか?

 

これは、ああなたのメッセージを簡単に大勢の人に伝えることができ、もし、あなたがこれから情報発信をして収入を増やしていきたいと思うのであればこの”メルマガ”は絶対に活用するべきです。僕自身、メルマガを書いて商品の案内をするときに、改めてこのすごさを感じています。(1通のメールで商品が売れてしまっときは本当にびっくりしました!)

 

メルマガでできる3つのメリット~その2~

メルマガのメリットの2つ目は「ファンが増える」ということです。

 

メルマガはブログなどのSNSとは違って、深い部分の話ができます。例えば、考え方・悩みといった表には出しにくいけど、興味を持ってくれた人になら話せるという、いわゆる「親友理論」かなと・・・(勝手に命名しましたw)

 

つまり、初対面の人に話せる内容と、自分のことを知っていて理解してくれる親友に話す内容では内容の程度が違いますよね。それと同じだということです!ようするに、あなたの考え方や悩みに共感をした人が集まれば、ファンが増えていきます。ファンが増えれば、あなたのことを進めてくれる人も多くなり、あなたが何か紹介をしたら快く「YES」と言ってくれる信頼関係を作ることができます。もし、あなたが気に入っているメルマガが突然、毎日のように商品案内が来たらどう思いますか?即答で「解除します」ですよね(笑)

 

このように、メルマガの使い方を間違えると、登録解除で済めばまだいいですがもっと大きな問題が起きます。それが、アンチが増えてあなたの発信を邪魔することです。よく聞く話ですが、メルマガに売込みしか流れずに、読者がその発行者の評判をネットに書き込み、誰も登録しなくなり、メルマガが廃止されたという話を聞いたことがあります(笑)

 

そこまで、ひどいことはなかなか、起こらないと思いますが、、、

 

それだけ、あなたのことを信頼して登録しているのだから、毎日売り込みをされたら誰だっていやになりますよね。

 

メルマガでできる3つのメリット~その3~

メルマガのメリットは他にもたくさんのメリットがありますが、1番の魅力はメールを送るだけで生活ができるライフスタイルを手に入れることができるということです。メルマガだけで生活するのは本当にできるのか?と疑問に思うかもしれませんが、メルマガだけで生活している人は実際にいます。僕自身、実際にあったことがあるのですが、、、毎日、ある時間にメールを送るだけで収入が上がったり、仕事の依頼や出版の依頼が来るこんな話は本当にあることがわかりました。

 

確かに、1通で収入を上げるにたくさんの努力が必要ですが、続けていけば不可能ではない話ですね。

 

開封率の重要性

 

メルマガの開封率は平均10%あったらいい方だと言われています。

100人に送って10人が開けばいいということです。

 

でも考えて見てください。

 

そのメールを開いてくれた10人全員が

行動をしてくれるとは限りませんよね。

 

メール内容によって反応率は違いますが、

 

(反応率を上げるメルマガの書き方は、前回の記事で書いていますので、こちらを参考にしてください→URL)

 

仮に10人中1人、

つまり、10%の反応率があるとします。

 

この場合だと

1人を行動させるには、100人に

10人を行動させるには、1000人に

100人を行動させるには、1万人に

メール送らなければいけません。

 

とんでもない数字ですよね。

 

しかし、

開封率が上がりさえすれば、

多くの人にメールを送らなくてもいいのです。

 

開封率10%が開封率20%になれば、

売上は2倍になるのです。

 

10%も上げるなんてできるの?

 

と思うかもしれませんが、

やり方次第で、簡単にできることなのです。

 

実際に200%も開封率をアップさせた例もあります。

(「The Entertainer社は、SmartFocus社のマーケティング・オートメーション・ソフトウェアを導入し、メールの開封率を200%アップさせた。)

 

では、あなたのメルマガの開封率はどうでしょうか?

 

 

もし、

今現状の開封率が低いのであれば、

原因があります。

 

 

 

開封率が低い原因

 

メルマガの開封率が低い原因は、

ほとんどの場合、件名にあります。

 

読者はメールボックスに表示される

送信者名と件名を見て開くかどうか決めますよね。

 

送信者名で開く人もいるかもしれませんが、

これは、あなたのブランドができた後の話です。

 

あなたが読者に認められ、多くのファンがいれば、

送信者名で開かれることもあるかもしれませんが、

最初は誰だってそうはいきませんよね。

 

だって、

あなたのことを読者は、まだよく知らないのですから。

 

なので、最初に考えるべきことは

件名です。

 

 

開きたくなるような件名。

開かなければいけないと思ってしまう件名。

 

でなければ開封されません。

 

もし、あなたのメルマガの開封率が低いのであれば、

こんな件名はなっていませんか?

 

興味を引かない件名

 

・私は今〜〜〜います

・申し込みが殺到中

・〜〜のメールマガジン Vol.30

 

こんな件名をつけていませんか?

 

これらは、あなたの視点であって

読者の視点ではありません。

 

つまり、

あなたにとって興味の惹く件名だからといって

読者も同じように興味を惹かれるとは限りません。

 

読者は、自分に興味のあるものを開きます。

なので、読者が興味の持つ言葉を件名に入れましょう。

 

 

 

他のメルマガと同じような件名

 

 

現在、メルマガは山ほど溢れていますよね。

なのに、

 

・1億円稼ぐ方法

・起業を成功する方法

 

など、

他のメルマガにもありそうな件名にしても

興味、注意、関心を引くことができませんし

埋もれてしまいます。

 

なので、

他のメルマガよりも

1歩、2歩ほど具体的にする必要があります。

 

 

 

売り込みとすぐにわかる件名

 

・残り1日です

・本日中で終了です

 

 

これは、見込み客にとっては有効かもしれませんが、

購入意欲がない人にとっては、全く興味を引かない件名です。

それに何度も連発すると、信用を失います。

 

ここでのポイントは、売り込みをしすぎないということです。

人は売り込みとすぐに分かると嫌がりますよね。

飛び込み営業と同じです。

 

買い物は好きなのに、売り込みされると途端に財布の紐をしめてしますよね。

 

なので、セールスのメルマガを送るタイミングは

しっかり見極める必要があります。

 

 

 

開封率を上げる件名の例

 

実際に開封率を上げる件名を書くには

5つのテクニックがあります。

 

具体性を出す

 

読者に内容が伝わりやすい件名にするには、

 

・具体的な数字

・具体的な内容

 

を取り入れる必要があります。

 

そうすることで、

読者が結果や成果をイメージしやすくなります。

 

 

例えば、、、

 

・開封率が高いメルマガの件名

・105人中63人が開いたメルマガの件名

 

すごくリアルに感じますよね。

「これを読めば、こんな成果が得れるのか」

という事が明確に伝わり、それが好奇心に繋がるのです。

 

 

・起業を成功する方法

・コンサル起業を成功する方法

 

コンサルで起業を考えている人は見たいと思いますよね。

このように、ターゲットをキーワードで入れる事で

興味を引く事ができます。

 

 

 

読んで欲しい人に呼びかける

 

メルマガを読んで欲しい人が明確な時は

読者を絞り、問いかけるのが効果的です。

 

例えば、、、

 

・メルマガの開封率を上げたい人へ

 

このように、読者を限定する事で

「私に言っている」

と感じてもらう事が開封に繋がります。

 

 

・メルマガでこんな件名をつけていませんか?

 

メルマガを書いている人なら気になりますよね。

人は質問されると、自然に答えを考えてしまい、

答えが気になるのです。

この習性を件名に取り入れる事で、

開封率を上げる事が出来るのです。

 

 

 

個人名や固有名詞を使う

 

有名人や読者が知っている固有名詞を入れることで、

「どんな内容か知りたい」と興味を引くことができる。

 

例えば、、、

 

 

・業界で有名な人

「ダン・ケネディのコピーライティングテクニック」

 

・芸能人

「ほりえもんが起業を成功した方法」

 

・誰もが知っている固有名詞

「隠されたディズニーのスタッフ教育法」

 

このように、成功者などを件名に入れると効果的です。

しかし、これは事前に読者がどんな人に興味があるのかを知っておく必要がありますが。

 

 

 

ニュース取り入れる

 

ニュースと聞くと、

少し硬いイメージを持ってしまうかもしれませんが、

新しい情報や知らない情報ということだと思ってください。

 

人は知らないことを知りたいと思うものなんです。

新たな発見など、知りたいと思うような情報の一片を見してあげるのも良いですね。

 

 

 

常識を刺激をする

 

自分が常識だと思っていることを否定されると、

「そんなわけないでしょ?」と疑い、気になりませんか?

 

これは、もう興味をひかれている証拠。

 

例えば、

地球は青くて丸い

これは、誰もが信じて疑わない事実ですよね。

 

しかし、、、

 

もし

「本当は赤くて四角だった」なんて言われたら

 

誰でも気になりますよね。

(嘘はいけませんが笑)

 

相手の常識を変えるぐらいの気持ちで

使用するとかなり効果的ですよ。

 

 

 

 

開封率で一番重要なこと

 

開封率を上げる件名に一番重要なことは、

 

・好奇心

・ベネフィット

・タイムライン

 

この三つの要素のどれかを取り入れることです。

 

好奇心

 

好奇心の要素とは、

自分が探求してしまうような内容のことです。

芸能人や有名人の名前を件名に入れることで、

だんだん気になって求めてしまうのです。

 

ベネフィット

 

よく、ベネフィットとはメリットみたいのもの?と

勘違いされたりしますが、全く違います。

ベネフィットとは、メリットにより得られる価値のことです。

 

例えば、

ファミリーカーのメリットが「8人も乗れる」だとすると、

ベネフィットは、「2世帯家族でも1台で旅行に行ける」です。

8人も乗れるから、具体的に何かができるということを伝えることで

読者は得られる結果を明確にイメージできます。

 

 

タイムライン

 

タイムラインとは、業界のニュースや流行りなどです。

人は流行りという言葉に弱いです。

日本人は、特に流行りに弱いですよね(笑)

あなたにとってメルマガの目的は?

メルマガのメリットをお話してきたと思うのですが、あなたはどんな目的でメルマガを使いますか?

 

・一切、売り込みはせずに発信だけ

・売り込みだけして収入を上げる

・ファンを作りながら、収入を増やしていく

 

あなたはどうでしょうか?次に話すテーマですがメルマガで読まれるために、開封率やクリック率を上げて数字を見なければいけないデメリットがあるのですが、なぜ、メルマガを開かないのか?なぜ、紹介したリンクをクリックしないのか?など、せっかく書いたブログをたくさんの人が読んでファンを作るためには、

 

・読みやすさ

・誤字脱字

・伝えたいこと

etc

 

読者が読みやすい、メルマガを書けるようになればますます、ファンが増えます!

 

 

読みやすさだけではなく、何を伝えたいのか?はっきりしていなければ、「このメルマガは何のメルマガだ?」と疑問に思います。例えば、ダイエットのメルマガなのに、お金の話をされたら「これってダイエットの話じゃなかった?」と誰でも思いますよね。

 

そのためにも、次のテーマが大事になるので⇓

 

 

なぜ、開封率・クリック率が上がらないのか?当時の僕がやっていたメルマガ初心者が陥る”2つの間違い”

1読者にどんな行動をさせたいか不明確

あなたがこれから、メルマガを使って悩みの解決など発信をしていく上で「どんな行動をさせたいか?」これが無ければ、読者は困ってしまいます。

 

・あなたが教えるやり方を実践させたいのか?

・商品を買わせたいのか?

・ダイエットするために食事制限をさせたいのか?

など

 

あなたが読者にさせたいことを明確にできれば、読者はあなたに信頼をしているのでSNSよりも、あなたの言ったことを実践してくれる人が多いです。つまり、読者にどんな行動させたいか明確であれば、困っている人に手を指し伸ばすことができ、サポートすることができます。もし、あなたのアドバイスで「本当にありがとうございました!」「これからも、いろんなアドバイスをください!」と連絡が来たらどうでしょうか?

 

2伝えることが多すぎる

僕は特にそうですが、一度に何個も重要なことを言われても「結局、何が大事なの?」と疑問に思ってしまうことが授業などでよくありました(笑)

それと同じことだと思いますが、一度にメールで伝えたいことを詰めすぎると何が大事なのかわからずに読者に「?」だけが残ってしまいます。

 

つまり、メルマガで伝えたいことは1つだけでいい。ということです。「足りないんじゃないの?」と思うかもしれませんがあなた自身、何個も大事なことを言われるよりも、伝えたいことを一つに設定し、分かりやすく伝えれるように例えや実例を混ぜてメルマガを書くと、一通の質が上がり、読者からの評価も上がっていきます。

 

あなたもメルマガを書くときは、この「伝えること」を絞ってメルマガを書いてくださいね!

 

メルマガの「%」を上げれるようになった”メルマガ上達のコツ”

メルマガを開封したくなるような「件名」を作る

件名作りにはメルマガで一番力を入れなければいけないことです。なぜなら、いくらいい文章があっても読みたいと思うような件名でなければ、まずメルマガを開くことはないでしょう。例えば、すごくおいしいラーメン屋さんがあっても、いくまでに標高1000mの山を登り、幅500mの川を渡らなければラーメン屋に着くことができないとしたら、行きたいと思いますか?(中には、行きたいかもしれませんが(笑))どちらかといえば、何度も行くのは難しいはずです。

 

これと同じようにまずは件名で開封させなければ、中身を見てもらうことはできません。

 

そのために、魅力的な件名を作らなければいけませんが簡単にメルマガで魅力的な件名を作るのは難しいことです。ですが、まず最初にやるべきことは、あなたが今までに見たメールの件名で思わず開封した経験はないか、それを調べてリストアップするとあなたが件名を作る際に応用することができます。

 

メルマガを上達させるために

合ったら得するスキル

メルマガで効果的にあなたの情報発信をするために、あれば得するテクニックをご紹介します!

 

文章に興味があるあなたなら、「コピーライティング」という話を聞いたことはないでしょうか?

 

コピーライティングとは、、、

文章を使って相手の感情を動かすテクニック

 

いろんな解釈がありますが、今の僕はこれがコピーライティングの本質だと思っています。コピーライティングだと言われても、まだわかりにくいと思いますが、このスキルを使えるようになればあなたの読者に、どんな行動をしてどんな未来を手に入れてほしいのか?具体的に行動させることができます。

 

 

コピーライティングを習得するメリット

文章を書くだけで生きていける

僕がコピーライティングに出会ったのは大学1年の時に入ったビジネススクールがきっかけです。この世界にはネットで稼ぐ系のビジネスは腐るほどあります。例えば、アフィリエイト、転売、投資etc いろんな種類のビジネスモデルがあるので全てが魅力的に感じてしまいます。僕自身、学生をしながらネットビジネスで借金や高収入、一時的な不労所得など多くの経験をしたことがるので普通の学生よりは”変わっている”はずです。

 

いろんなビジネスモデルを経験して感じたことは、『本質は皆同じ』ということです。ビジネスモデルはたくさんあっても結局は売れないと意味がありません。例えば、あなただけが価値を知っているノウハウがあった時に周りに受け入れてもらえなければ、お金を稼ぐことも認められることもできません。それが有名な『宇宙は地球を中心と考えるか?太陽を中心と考えるか?』で争った地動説と天動説の話です。簡単に言えば、「地球が中心?それとも、太陽が中心?どっちなの?」という話です。

 

ここでは、僕らから見れば「太陽が中心に決まっている」と思うのが普通ですが、紀元前に生きていた人たちは、「地球が中心に決まっている」という考えで「太陽が中心」の考え方を徹底的に批判しました。

 

つまり、重要なことは『受け入れられなければゴミと同じ』ということです。どれだけすごくて価値のあるものだとしても、伝える手段がなければ全く意味がありません。そこで、伝える手段やお金になる価値になったのが『コピーライティング』というスキルです。

 

このスキルをマスターするだけで、どんな商品でもあなたの思うように売ることができ、あなたは依頼を受けたら、書くだけで一生食べていくことができます。もしかすると、あなたは「時代によって稼げなくなる」と思うかもしれませんが、この世の中で僕らが目にする有名な商品は、『全て本質が同じ』です。

 

つまり、テクニックを勉強しなくても本質さえ分かっていればテクニックなしでも売ることができます。

 

実はコピーを勉強すると、男性にとってすごく良いメリットがあるんですが知りたいですか?(笑)

 

コピーを勉強すると女性から言い寄って来られる確率が倍以上になります。

つまり、モテるということで(笑)

 

次にコピーの上達方法を具体的に教えていくので次を見ていってください。

 

あなたが書いた文章で他人を救える

コピーをかけるようになると、実際に会ったことがない人でも”あなた”のおかげで人生を救われたと言われることがります。嘘かと思うかもしれませんが実際に僕が、野球をテーマにブログを書いていた時に「翔太さんおかげで、嫌いだった野球を好きになりました!」と言われたことがあります。この少年は当時高校生で、部内でイジメを受けて野球を辞めようとしていました。そこで、僕に相談してくれたことがきっかけで、会ったことのな高校生の人生を救うことができました。

 

それだけ、このスキルは人の人生を左右させるほど、強力なスキルです。

 

コピーライティングはすごいが何から勉強したら良いかわからない

コピーライティングの本や教材は、本屋に行けば大量に売っています。僕もアルバイトで貯めたお金を全額コピーライティングの本に費やした経験があります(笑)

 

ですが、ここで僕は大きな間違いをしました。

 

それは、「本を読めばコピーが上手くなる」という間違った認識です。確かに本屋に行くと、今すぐにでも書いたくなるような本がたくさんあります。僕も、ノウハウばかり集めていた時は、同じ本を何度も書い、似たような本が部屋にたまっていきました。結果、どうなったか?勉強するだけで全く使う時がないので、コピーライティングで稼ぐことはできませんでした。

 

この経験って僕だけではなくっていろんな人が経験してると思います。例えば、「ダイエット方法」痩せるためにいろんなダイエット本や雑誌でダイエット法を勉強する人って、痩せる方法は知っていても、それが自分にあった方法じゃないパターンって多いですよね。

 

これと同じでコピーライティングを身につけるためには、実際に書いていかないと上手くなることはありません。

 

間違ったコピーライティングの教え

「私の人生をかけてあなたを稼がせる!」

「今やらなくてどうする?終了まであと◯秒」

 

こんな謳い文句ってCMやセールスレターなどで見たことはありませんか?実は、コピー=相手を煽る と考えている人が多いです。なぜなら、誇張したCM会社やビジネスマンのテクニックだからです。このテクニックは、確かに稼ぐことはできますが、一瞬で終わったしまいます。つまり、莫大な広告費をかけて「◯億稼いだ!」だけの実績です。

 

初心者でも30分で記事が作成できるコピーのテクニック

とりあえず書いてみる

もしあなたが、初心者ですぐにでもコピーを上達するには、『書く』しかありません。これがコピーライティングを上達させるための本や教材では教えてくれない”真実の答え”です。

 

僕がコピーライティングで食べていけるようになったのは、半年間コピーを書き続けたからです。長文で書く必要はありません。例えば、ツイッターは約110文字、Facebookは文字数無制限、インスタグラムは無制限、など使う媒体によって文字数の制限や極端なことを言えば、「一言」でもコピーを上達させることができます。

 

例えば、オバマ大統領の「Yes,we can!」たったこの一言で大衆の心をグッと引き込むことができます。このようにいろんな種類の文章があるのでその概念があることをまずは知ることが大事です。

 

気になった記事を集める

これは、『スワイプファイル』と呼ばれるもので、売れたセールスレターなどをファイル形式で保存しておくことを言います。売れているレターはメンテナンスや都合で消えてしまうことがありますが、PDFとして残しておけばどんな状況でも見ることができます。

 

このスワイプファイルは、あなたがすごいコピーライターとなって認められた時にただ集めたファイルが価値のあるものになります。

 

それだけではなく、売れているレターには必ず、売れる理由があるのでそれを見つけることでどこにも出回っていないあなただけのノウハウとして情報を独占することができます。

 

教材を買ってみる

これは実際に、お金に余裕のある時にコピーライティングの塾やメンターに会いに行くために投資することも上達の近道です。なぜなら、研究しても答えは書いた本人にしかわかりません。実際に会いに行くことで答え合わせができます。

 

テクニックは必要ない

コピーライティングにはいろんなテクニックが数え切れない程あります。(本屋で探して見てくださいw)

 

僕も一時期はいろんなテクニックを勉強して知っているテクニックを盛り込んだ、いわば”無敵の文章”を書いたことがありますが、結果1円も得ることができませんでした。実は、コピーライティングにはテクニックよりも、書く人の思いと、悩んでいる人にどれだけ共感ができるかが最重要のテクニックになります。

 

”八方美人”のままで生きていけない

コピーを書く上で、人なので全員を救ってあげたと思うことは、すごくいいことです。ですが、全員にいい顔をしていては、あなたのことを心から尊敬するファンがいないので、結果、誰からも好かれることもなく、”良い人”で終わってしまいます。

コピーライティング=経験量

先ほども言いましたが、コピーは書くことが重要です。例え、すごいコピーライターがいたとしてもあなたが毎日コピーを書き続けていれば必ず、越えることができます。

書かなくてもコピーが上達する方法

書くことが重要と言っていましたが、書かなくても良い方法があるというのは無住んしてるんではないか?と思うかもしれませんが、1つだけ書かなくても上手くなる方法があります。

 

それは、『アウトプット』です。僕がコピーをうまくなったのはアウトプットの量が人の何倍以上もしたからです。つまり、教えてもらったことをアウトプットする癖をつけることで、頭のメモ帳に知識として残り続けることができます。

 

まとめ

ここまでメルマガを上達させる方法を書いてきましたがどうでしたでしょうか?メルマガを上達させるには、「リサーチ」「気になった単語のリストアップ」が必要です。ぜひ、この機会にメルマガについてもっと興味を持っていただけると嬉しいです。それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

    コメントを残す

    *

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 今が人気!コンサルティングビジネス始めるべき3つのメリット

    • コンサルタント、セミナー講師、コーチング講師のための売れるセールスレターのメリットと書き方テンプレート

    • ダイレクトメール(DM)の開封率を上げるアイディア

    • ダイレクトメール(DM)で失敗する3つのこと

    関連記事

    • コピーライティングを素早く書けない人のための5つのコツ

    • ブログネタがない!?ネタに困ったらこうして集めろ!

    • SNSの時代 新しい広告の形インフルエンサーマーケティングとは?

    • メルマガの平均開封率を上げるコツ!曜日や時間帯の決め方とは?

    • 人気セミナー講師に必要な3つのスキルとコツ

    • 【ライティングのコツ】スワイプ・ファイルを使った書き方