1. TOP
  2. コピーライティングを素早く書けない人のための5つのコツ

コピーライティングを素早く書けない人のための5つのコツ

 2018/10/27 ブログ
この記事は約 9 分で読めます。
学びの総合商社ニュースパイラルでは マーケティングの情報を365日配信しています。 ブログだけでなく、メルマガやLINEでも情報を発信しているので ぜひこちらも合わせてご購読ください! ※現在10万人以上の経営者が購読したマーケティングレポートも無料で配布いたします!

おはようございます、
岩瀬です。

 

私は、日頃
メルマガ、ブログ、SNS運用、
オプトページ、セールスページ
など、大量のコピーを
毎日書いています。

 

しかし、1日は24時間。
そこから寝る時間やご飯を食べる時間など
諸々引けば、実際に使える時間は
8時間程度ではないでしょうか?

 

そして、もっと言えば
コピー以外にも顧客対応や説明会、
また人事なんかも実はやっています。

 

ですので、
コピーをゆっくり書いていては、
到底8時間では終わりません、、、(笑)

 

かといって、
クオリティを落とすわけにも
いきません。

 

読んでもらわなくては
全く意味がないのですからね。

 

ですので、
コピーライティングには
『クオリティ』と『スピード』
のどちらも大切です。

 

今回は、その
『スピード』をあげる方法に
ついてお話しましょう。

 

なぜ、コピーを上手く書けないのか?

『話すことができるのに
文章を書こうとしたら止まってしまう』

 

きっとこんな人が多いのではないでしょうか?
実際に私もその一人でした。

 

ライティングを始めた頃は
文章書くたびに
とにかく手が止まってしまい、
苦戦しましたね、、、

 

そこで、
どうにかできないものかと
色んなことを試しました。

 

その試した一つに、

 

自分で実際に声を出して
話をしたものを録音機で取り
それを、編集し文章にする。
ということをしていました。

 

誰もいない会議室に入り
一人でひらすら話していましたね(笑)

 

ですが、これがかなり上手くいったんです。
そこで気づいたことが一つあります。

 

なぜ、今まで書くときだけ
止まっていたのか?

 

それは、、、
話している最中は
編集ができないからです。

 

むしろ書いているものは
編集できてしまうから
止まってしまうのだと。

 

この編集できてしまうということが
文章を書く際に止まってしまう
最大の理由だったんです。

 

『あ、やっぱりこっち言い方の方がいいや』
『ここの文章、主語と述語があってない』
『変換ミスした、、、直さないと』

 

など、書いているときに
思ってしまいせんか?

 

編集したくなる気持ちもわかります。
しかし、その編集している間に
頭の中にあった流れが分からなくなるのです。

 

コツ1:ライティングと編集

ですので、
文章を書くときは、
編集は後からやると決め、

 

まずは、ひたすら頭にある事
書き続けてください。

 

基本的にデリートキーは押さず、
できればブラインドタッチで書く。

 

文章の言い回しが気に入らなくても、
誤字脱字をしても、まずは、
とにかく書き続けることに徹してください。

 

そして、できたものを後から
編集していけばいいのです。

 

2工程あると遅くなるのでは?
と思うかもしれませんが、

 

編集は特に難しくありません。
自分が書いた文章なのですから、
何を書いてあるのかは、後から見てもわかります。

 

これだけで、
かなりスピードは上がりますので、
まず、ここから試してみてください。

 

コツ2:好きなところから書いていく

これは、よく初心者がやりがちな事なんですが、
初めから順番に書こうとしていませんか?

 

わかりますよ。
初めから、順に綺麗に書きたいですよね。

しかし、無理して上手く書けない事から
書こうとすると流れが止まってしまいます。
コピーライティングは、勢いが重要です。

そしてかなりの集中力を使わなければ、
早く書く事はできません。

 

上手くいかないと集中力が
下がってしまったという
経験がございませんか?

 

これを阻止するためにも、
流れを止めないように、
自分が書きやすい所から
書けばいいのです。

 

例えば、、、

ヘッダーを書いてから、
クロージングを書いて、
ブレットを書いて、次は、、、のように
自分の好きな順番で書けばいいんです。

 

上手く書けないから
勢いを落としてしまうことの方が
一番避けなくてはいけません。

 

気をつけてくださいね

 

コツ3:環境とコンディション

環境やコンディションを
整えることも大切です。

 

先ほども言いましたが、
コピーを書くときはかなりの集中力が必要です。

 

ではなるべく、それを保つための
誰にも邪魔をされない場所が必要になりますよね。

 

コピーを書くときは、誰にも話しかけられず
気の散らない所をおすすめします。

 

私の場合、自分の席があるにも関わらず、
会社内の色んな所で書きますね。

 

周りに誰もいない机やラウンジや会議室や
場所がないときは、床なんて事も、、、
(動きすぎて、怒られるほどですが、、、笑)

 

ここ!という指定はありませんが、
とにかく邪魔が入らない場所に
逃げてください。

 

そして、コンディションです。
体調不良はもちろん、
睡眠不足もかなり要注意です。

 

かなり、頭を使い、集中力を使うので、
眠かったり、疲れていると持ちません。

 

1日のうちで、
なるべく疲れていない時間帯に
書くことをお勧めします。

 

大抵の場合、朝ですね。
午後になってくると、
午前中の疲れなどが
実は溜まってきています。

 

ですので、
ライティングの時間は、
基本的に朝に設定しておくのが
ベストだと思います。

 

夜型と言っている方も
よく起きて、すっきりした状態で
書くと全然スピードが違いますので
試してみてください。

 

コツ4:33.33の集中力

人によって、集中力が続く時間は変わってきますが、
ある有名なコピーライターが集中力を長く保つために
やっている方法がこれです。

 

『33分33秒』でストップウォッチをかけ、
その時間は集中してコピーを書きます。

 

ストップウォッチがなったら、
どんなに中途半端でも、そこで止め、
一旦休憩します。

 

この時間は、絶対に書く事から離れます。
コーヒーを飲むとか、トイレに行くとかなんでもいいです。
(私の場合は、タバコを吸いにいきます、、、ただ、吸いたい訳ではありません汗)

 

そうこうしていると、
不思議と脳がコピーを書くべき事を整理し、
探してくれます。休憩と次への準備といった所ですかね。

 

5分経ったら、また33分33秒はひたすら書く。
これを繰り返す事で、長い時間の集中力を保つ事ができるのです。

 

コツ5:期限を作る

小学校や中学校のときの
夏休みの宿題って覚えていますか?

 

夏休みの最終日に焦ってやったなんて
思い出がある人は少なくないのでしょうか。

 

読書感想文とか、、、
ものすごいスピードで書いていましたよね(笑)
(ちゃんと前もってやっていた人もいるかもしれませんが、、、)

 

簡単に言えば、誰でもやればできるのです。
でも期限がないと、人はだらけてしまいます。

 

この原理を利用してください。
つまり、自分の行動に期限を付けるのです。

 

例えば、、、
『これは、何分で書かなければいけない』と。

 

最初は難しいとも思いますので、
行数や文字数に時間を決めるのがいいかと思います。

 

ただ、あまりにきつい時間設定にしてしまうと
逆に、嫌になります(笑)
なんで、こんな事やっているんだろうと。

 

私もあまりにきつい期限だと、
『もう、なんだこれ、、、』と
ついつい、雑になってしまったりしてしまいます。

こうなってしまうと逆効果なので、
少し早く書かないといけない、くらいの
ほどよい期限を作ってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、コピーを
早く書くコツを5つ紹介しましたが、

 

まだまだ、
スピードをあげるための
コツはいくつもあります。

 

ですが、基本的に、
コピーは集中力が鍵です。

 

モチベーションを高く保ち、
集中力が上がるような事でしたら
なんでも早く書くコツになるので、

 

自分のオリジナルのコツを考えてみるのも
良いと思いますよ。

 

あまり人にはおすすめしていませんが
私のオリジナルのコツは、音楽です。

 

コピーをリズム良く書くために
一番ちょうどいいテンポの曲を
プレイリストに設定し、

それを聞きながら書くときが
一番早く書けますね。

 

ただ、音楽を聴きいってしまい、
気になってしまう人には、
かえって邪魔になってしまうので、
私だけにしか使えないかもしれません(笑)

 

もし、あなたにも合うようでしたら
使ってみてくださいね。

 

それでは。

 

今回お話したような
コピーについて色々情報を
ご提供しているLINEがございますので

もっと知りたい方はこちらに
ご登録してくださいね。⬇︎

https://line.me/R/ti/p/%40gvc8029h

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 今が人気!コンサルティングビジネス始めるべき3つのメリット

  • コンサルタント、セミナー講師、コーチング講師のための売れるセールスレターのメリットと書き方テンプレート

  • ダイレクトメール(DM)の開封率を上げるアイディア

  • ダイレクトメール(DM)で失敗する3つのこと

関連記事

  • コンサルタント、セミナー講師、コーチング講師のための売れるセールスレターのメリットと書き方テンプレート

  • フロントエンド商品の目的とは?集客の重要性。

  • 初心者でもブログを効率良く書ける、5つの書き方とは。

  • ランディングページの成約率を上げる作り方と3つのコツ【成約率58.6%】

  • イギリス王室はいかにして黒字企業になったのか?

  • 店舗集客を増加させるLINE@(ラインアット)の使い方