1. TOP
  2. 【ライティングのコツ】スワイプ・ファイルを使った書き方

【ライティングのコツ】スワイプ・ファイルを使った書き方

 2018/10/14 ブログ
この記事は約 11 分で読めます。

どうも、岩瀬です。

 

私は、

株式会社ニュースパイラルの

マーケター兼ライターですので、

 

毎日、

メルマガ、LINE@、ブログ、

ステップメール、オプトページ、セールスレター

の全てのライティングを書いているのですが

 

これだけの量のライティングを

担当していると、

書くことがなくなってきます、、、

 

書くことがないと言っても

書く内容がないわけではありません。

 

弊社は、莫大な量の情報(ノウハウや理論)を

持っていますので、書く内容には困りません。

 

しかし、

成果を出さなくては、

ライティングとは言えません。

 

つまり、ただ書くだけではなく、

私たちは読み手に行動させる文章を

書かなくてはいけませんよね。

 

そのため、

まず、人に文章を読んでもらい、

共感、信頼してもらい、

最終的に行動してもらえる

 

書き方、言い回し、構成を考えますが、

これが難しい。考えても正解なんて分かりません。

 

それはそうですよね。

やってみないと分からないのですから。

 

しかし、

『反応を出すためには、どうすれば、、、』と

多くの人はここで書けなくなってしまうのです。

 

これは、あなたが

初心者ライターだからではありません。

 

ライティングは、

一言で言ってしまえば、

アイディアです。

 

どうやったら、この文章で

人に行動してもらえるか?

 

セールスライティングであれば、

どう書けば、商品サービスが売れるのか。

 

アイディアが出てこない、、、

どう書けば成功するのか、、、

 

と、どんなベテランライターでも

ここに関しては、常に考えています。

 

ですが、こんな時、

私たち、ライターには

秘密兵器があるのです。

 

それが、スワイプファイルです。

プロライターで、スワイプファイルを

使わない人なんて、正直聞いたことがありません。

 

それほど、これはライターに

必須の武器なのです。

 

ですので、本日はライターのあなたに

このスワイプファイルについてお話しします。

 

スワイプファイルとは?

スワイプファイルとは、

過去に誰かが作ったコピーの中で成功したもの、のことです。

簡単に言えば、『売れたコピー』のこと。

 

つまり、ライティングのコツは、

ズバリ、真似をすること。

 

誰かが書いて上手くいったコピーを真似して

自分のコピーを作り上げるということです。

 

スワイプとは、直訳すると『借用する』

みたいな意味です。その言葉通り、、、

 

成果の出た真似するべきコピーのファイル。

それが、スワイプファイルなのです。

 

『真似するなんて、ありえない、、、』

と思う方もいるかもしれませんが、

 

私たちライターにとっては

一般的で当たり前のこと。

 

むしろ、使わないなんて

ありえないと言えるほどです。

 

ミュージシャンが楽器を持つように、

料理人がレシピを持つように、

ライターはスワイプファイルを持つのです。

 

そのため、スワイプファイルは

何十万円という高額で取引されます。

 

なぜなら、何億円も売上を上げたコピーがあれば

同じように、何億円という結果が見込めるからです。

 

それは、普通の人からすれば、

ただのメール文章、広告、チラシだとしても

私たちライターからすれば、お金を出すほどの

貴重なものなのです。

 

スワイプファイル・ライティングのメリット

 

このスワイプファイルを使うことによって

大きなメリットが2つあります。

 

それは、、、

成功率が上がる

もちろん、100%結果を出すことはできません。

しかし、可能性は莫大に上がります。

 

どんな商品、どんなサービスでも

人は感情で買います。

 

その文章を見て、読んで

どんな感情になり、行動しようと

思ったのか?

 

これは、テクニックやロジックだけでは

説明できないのです。

 

極論を言ってしまえば、

私たちが理解することができない

複雑な人間心理で人は行動する

ということです。

 

そして、それをやってみせたのが

スワイプファイルなのです。

 

言葉遣いが良かったのかもしれないし、

話の流れが良かったのかもしれないし、

アイディアが良かったのかもしれない。

 

理由を正確に知ることはできないが

多くの人の心を動かしたのは、

紛れもなく事実なのです。

 

こう考えると、

スワイプファイルを

偉大に感じませんか?

 

スワイプファイルを真似して書けば、

人の心を動かす複雑な人間心理を入れた

文章ができるのです。

 

成果が出た結果もあります。

自分で1から書くより、間違いなく可能性は高いですよね。

 

そして、実際に、

このスワイプファイルを真似した文章で

結果を出している例がたくさんあります。

 

だから、プロのライター全員

スワイプファイルを使うのです。

 

ライターの仕事は、

文章を書くことではなく、

人を行動させることですからね。

 

書くスピードが上がる

2つ目のメリットは、

単純に書くスピードが上がる

ということです。

 

あなたもライターなら分かるとは

思いますが、文章を書くには

かなりの時間がかかります。

 

ゼロから書くより、

真似して書いた方が

早いに決まっていますよね。

 

きっと、一度スワイプファイルを横目に

構成や言い回しなどを真似して書いてみると、

驚くようなスピードで書けますよ。

 

そして、何より

ライターにとって一番辛いのが、

時間と労力を書けて書いたのに

結果が出ない、、、

 

スワイプファイルを使って書けば

結果が出る可能性の高いコピーを

早く書けるのです。

 

もはや、使わないなんて

選択肢はありませんよね(笑)

 

スワイプファイルの使った書き方

それでは、実際にスワイプファイルを

どう使えばいいのか?

についてご説明します。

 

真似するといっても、

丸パクリをするというわけではありません。

 

スワイプファイルには

主に3つの使い方があります。

 

・アイデアを真似する

ライティングは、アイディアといっても過言ではありません。

 

どんな素晴らしい文章でも、

読んでもらえなくては

全く意味がありませんよね。

 

読んでもらうためには

斬新なアイディアが必要なのです。

 

ここが特に大事で、特に難しい。

 

成果を出したスワイプファイルは、

もちろん読ませることができているのです。

 

では、どんなアイディアで

読ませているのか?

 

ここを真似をすることで

あなたの文章も、『読んでもらう』

という第一段階を突破できるのです。

 

・構成を真似する

話というのは、順番が大事です。

 

どんなにつまらない話でも

それまでの、話の流れ次第で

オチが面白くなったりしますよね。

 

芸人さんが話すと面白いのに

素人が話すとつまらないみたいな。

 

芸人さんは、どんな言葉をどんな流れで

話したら面白くなるという構成を知っているのです。

過去の経験と実績によって。

 

つまり、

スワイプファイルも過去の成功が

どんな言葉でどんな順番で

話を進めているのか?を

知ることが大切なのです。

 

例えば、

はじめに悩みに共感してから、

解決手段とメリットを言った後

価格をいい、その後保証を書いている

 

みたいな構成を真似するのです。

そうすれば、どんな素人でも

成果の出せる文章の流れを作れますよね。

 

・言い回しを真似する

あなたも文章を読んでいて、

『ここの部分の言い回しいいな』と

思ったことありますよね。

 

そこに1部分だけ、

真似することも効果的です。

 

あなたの引き出しを

広げるような感覚です。

 

多くのスワイプファイルを見て

上手な言い回しをストックする。

 

そして、その中から

自分のコピーに使っていく。

 

上手な言い回し、良い言葉を

使いたくても、あなた自身が知らなければ

使うことはできませんよね。

 

つまり、多くのスワイプファイルを

見ることによって、

あなたのライターとしても能力も

ついていくのです。

 

スワイプファイル・ライティングの注意点

スワイプファイルを使う上で

気をつけないといけないこともあります。

 

スワイプファイルを使うということは

誰かの真似をするということです。

 

ですので、

真似をする相手は選ばないといけません。

 

例えば、

あなたが、必死の思いで書き、

やっと成果を出せたコピーを

同業他社に真似をされたら、

 

どう思いますか?

嫌な気持ちがしますよね。

 

これは、あくまで

人徳的な話ですが、

 

読み手からしても

同業他社を真似してしまうと

わかってしまいます。

 

自分の好きなものが

『これ、あの真似じゃん』

と分かってしまうと、失望しませんか?

 

つまり、近い所を真似してしまうと

逆効果を生んでしまう危険性があるのです。

 

ですので、

もし真似をするのであれば、

異業種や、かなり昔のもの(コピー黄金時代と言われていたときのコピーとか)

また、海外のものとかでもいいですよね。

 

このように

バレなさそうな所から

真似をするということも

 

スワイプファイルを使う上で

大切なのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

スワイプファイルを使うことで

ライティングの幅が一気に広がりますよね。

 

何度もお伝えしましたが、

ライティングというのは、

 

書くことが重要ではなく、

成果を出すことが重要です。

 

自分で成果が出るかわからない文章を

時間をかけて、ゼロから書くのと

 

成功しているスワイプファイルを

真似して、可能性の高い文章を

時間をかけずに書くの

 

どっちが良いと思いますか?

もちろん、後者ですよね。

 

もし、あなたが今まで

コピーを自分のオリジナルだけで

書いてきたのであれば、

 

ぜひ、スワイプファイルを

手に取り、それを見ながら

一度書いてみてください。

 

まるで、成果が違うと思いますよ。

 

それでは。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・マーケティングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・マーケティングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

    コメントを残す

    *

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 今が人気!コンサルティングビジネス始めるべき3つのメリット

    • コンサルタント、セミナー講師、コーチング講師のための売れるセールスレターのメリットと書き方テンプレート

    • ダイレクトメール(DM)の開封率を上げるアイディア

    • ダイレクトメール(DM)で失敗する3つのこと

    関連記事

    • 歴史から紐解く!イギリス王室はいかにして黒字企業になったのか?

    • 起業初心者が、押さえておきたい”ビジネス本”の使い方

    • 初心者でもできる!読まれるブログの書き方と構成のコツ

    • 少年ジャンプに学ぶストーリーの作り方

    • サンクスページのコンバージョンを上げる文言とデザインのコツ

    • イベント集客のたった6つの方法とコツ